学校保健師

学校保健師とは

保健師の仕事の中で、最もイメージしやすいものが学校保健師になるのではないかと思います。一言で言ってしまえば学校の保健室の先生ですから、ほとんどすべての方が一度お世話になったことがあるのではないでしょうか。

 

ですから、最も大切な仕事は学校に通う生徒さんの健康管理になるでしょう。定期的に行われる健康診断や身体測定も保健師の担当で、生徒の発育についてはしっかりチェックしていかなくてはなりません。

 

他にも、小学校中学校の多感な時期のお子さんのよき相談相手とならなければいけません。
生徒が抱えていて保健師に相談する問題・悩みは企業保健師・行政保健師が受ける相談とは大きく異なります。「健康」というよりは自分の体のこと、もっと個人的な悩みのことを相談されることのほうが多いでしょう。
例えば、自分は人よりも背が小さい・他の子が生えていないところに毛が生えてきたといった体の特徴などについて子どもが悩むことはよくあります。その他、家族のことや友達同士とのけんかなど、お子さんもストレスを抱えてメンタルケアを必要としている時はたくさんありますよ。

 

ちなみに保健室の先生も「教諭」ですが、授業を行うことはありません。保健の授業は保健体育の先生が行いますし、その他科目の教員免許が必要となることもないためです。

 

ただ、保健の授業や小学校の特別授業などで病気予防・衛生・性といったテーマについてお子さんの前でお話をするよう求められることはあるかもしれません。コミュニケーション能力に加え、子どもにもわかりやすくものを教えるという能力も確かに必要とされています。

 

学校保健師になるためには、保健師の免許ではなく養護教諭2種免許を取得しなければいけません。
もちろん保健師取得のために学んだことや保健師として働いた経験もプラスになるので、保健師という免許があるとなおよいでしょう。ただ、企業保健師や行政保健師などでなく学校保健師一本に目標を絞っているのなら養護教諭2種免許を優先することになります。

 

さらに公立の学校保健師は公務員ですから、教員採用試験にも通る必要があります。私立であれば、別途その学校の求人を見つけて応募する必要があります。各学校保健室の先生はだいたい1人か2人、決して求人が多いとはいえません。

 

教員採用試験のチャンスを生かすことはもちろん、私立学校の求人もできるだけマメにチェックして見逃さないようにしてください。転職サイトなど、幅広い情報源をもつことをおすすめします。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む