学校保健師の仕事内容

学校保健師の仕事内容

保健師にも行政保健師・企業保健師・学校保健師とありますが、この中で唯一保健師免許を必要としていないのが学校保健師になります。
学校保健師の場合、養護教諭免許を取得して保健室の先生として勤務することになります。

 

保健室の先生というといつも保健室にいて生徒にけががあった時、具合が悪くなった時にお世話になるというイメージが強いです。しかし実際にはそれだけでなく、いろいろな仕事が待っています。

 

怪我や病気の対応などにしても、日ごろから近所の医療機関と連携をとっていかなくてはいけません。健康診断や身体測定も、外部の医療機関などに一部お願いしなければいけません。そのため、学校の内部だけで仕事が完結するということもありません。

 

その他、身体測定や健康診断の実施に日ごろの生徒からの相談対応、保健室からのお知らせプリントの作成など毎日の業務は多数に渡ります。
校内の衛生環境の確認、向上といった役割も求められています。ストレスを感じることが多い教職員の健康管理も、学校保健師の方が行うべき大切な仕事の1つです。校内で生徒がけがをすることのないよう、危険個所はできるだけ取り除いていかねばなりません。

 

生徒に保健指導を行うことも非常に大切な仕事で、授業の中で話をするよう頼まれることもあれば生徒一人一人に適切な指導を行うこともあります。学生のころは自分の体の特徴、男女の性の違いといったことに非常に敏感になっているものです。生徒の気持ちを思いやりながら、そうした問題にも向き合っていく必要があるため非常に難しい問題です。

 

生徒も教職員も毎日、健康的で快適な学校生活を行うようにするためには学校保健師の活躍が欠かせません。
保健室の「先生」というイメージが強い学校保健師ですが、「保健師」らしい仕事も非常に期待されています。養護教諭2種免許でなることが可能な学校保健師ですが、保健師免許が決して損にはならないでしょう。

 

今まで述べてきた仕事は、基本的に小学校から高校までの学校保健師の仕事です。私立大学や専門学校の学校保健師となると、同じ学校保健師でも仕事内容が少々異なってくるかもしれません。

 

あまり多くの求人を見つけられないかもしれませんが、保健師向けの転職サイトでは保健師の方を募集しているいろいろな求人を探すことができます。検索するだけでなく、エージェントの方から非公開の求人を教えてもらうこともできます。学校保健師や企業保健師も、いつか転職するチャンスは訪れます。

保健師求人サイト人気ランキング

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
推奨度 詳細
看護のお仕事 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む

MCナースネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>>公式申し込みページへ進む